インプラント治療のメリット、デメリット

インプラント治療のメリット、デメリット

インプラント治療を受けるメリット、デメリットとは何でしょうか。
今後誰もが歯を失う危険性は持ち合わせています。
治療法の選択肢としてインプラントを選ぶ可能性もあるので、
その治療法についてよく理解した上で治療を受けるのが望ましいです。
 

 

インプラント治療は自分本来の歯をほぼ同じ感覚で使用できます。
失った歯を補う治療法には入れ歯も選択肢の一つです。

 

入れ歯は装着も治療も簡単なのですが、
どうしても違和感がありますが、
インプラントの場合は
ほぼ自分の歯と同じ感覚で使用できるので違和感もありません。

 

また入れ歯は専用の液につけるケアが必要ですが、
インプラントの場合は自分の歯と同じように歯磨きで磨くだけです。

 

インプラントは歯の健康を維持できる治療法です。
ブリッジという治療法があるのですが、
このブリッジはもともとある歯を支えとして人工の歯を入れます。
その時に支えの歯を削って人工の歯を入れるので、
歯と歯茎に多大な負担がかかるのです。

 

その上歯を使っていれば当然支えの歯にも大きな負担がかかり、
ブリッジの支えとなる歯と歯茎の劣化を早めてしまいますが、
インプラントは周囲の歯や歯茎を傷つけることなく失った歯を補えるのです。

 

インプラント治療のデメリットとしては治療期間が他と比べてとても長いことです。
入れ歯やブリッジの治療なら場合によっては
一か月程度にて治療が済むのですが、
インプラントの場合は数か月から一年の単位で治療期間が必要になります。

 

また費用面でもインプラント治療は高額です。
入れ歯はブリッジなら健康保険が適用されるケースが多いのですが、
インプラントは保険適用外です。

関連ページ

インプラント治療の詳細
インプラント治療の詳細
インプラント治療後のメンテナンス
インプラント治療後のメンテナンス
インプラントは痛いのか
インプラントは痛いのか
インプラント治療の特徴
インプラント治療の特徴
インプラント矯正
インプラント矯正