インプラントと金属アレルギー

インプラントと金属アレルギー

病状を見極め、患者の体質にあった治療を選択していく重要性は歯科疾患においても同様です。
歯が欠落した際の治療では義歯が用いられることがしばしばありますが、
金属アレルギーであるばっかりに義歯を嵌め込む際の選択肢が狭まっているとお考えの人もいるかもしれません。
今回は、そんな方にぜひ知っていただきたい金属アレルギーの方でも利用可能なインプラントについて詳しく見ていきましょう。

 

金属アレルギーの仕組みは、金属との接触を繰り返すことで体内のタンパク質とイオン化した金属が結合することにあります。
結合した金属とタンパク質が免疫反応を発生させて、アレルギーという症状を引き起こすのです。
花粉や食物におけるアレルギーと似た症状であり、金属の種類によって発生しやすさも変わってきます。
これまで金属アレルギーの方に義歯をおすすめするのが難しかった理由は、
ニッケルや銀といった金属アレルギーを引き起こす可能性が高い金属を治療に用いていたからです。

 

 

 

最近では、チタンという金属アレルギーの発生率が非常に低い金属が治療の選択肢として用意されているのです。
これはインプラントにおいても同様であり、最近ではインプラントの土台部分をチタン製にする治療が注目されています。
チタン製のインプラントは金属アレルギーの発生率が比較的低いので、その他の金属に対して反応してしまう人でも症状が出にくいとされています。
ただし、気を付けていただきたいのは純チタンではなく、その他の金属を混合したインプラントもあるという点です。
主な成分がチタンでも、そのほかの金属と免疫機能が反応を起こす可能性を否定出来ません。
そのため、金属アレルギーを抱えているという人は、純チタンのインプラントを用意している歯科医院で治療を受けるようにしましょう。

関連ページ

インプラントのメンテナンスが必要な理由
インプラントのメンテナンスが必要な理由
保険が適用されるインプラント治療
保険が適用されるインプラント治療