インプラント治療の特徴

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療とは、歯周病や外傷などで歯を失ってしまった時に、
その機能を回復させる為に行う処置です。

 

歯がないところに人工的な根を作り、人工の歯を埋め込み治療をします。

 

人工歯根には、金属チタンを用いますが、
チタンは人体に影響なく骨とインプラントがしっかりと結合し、
一体化するのが特徴です。

 

インプラント治療のメリットは、
単体の1本の歯を使用するため他の歯に影響がなく、
またガタつくこともないため、自分の歯のように物を噛むことができるようになります。
人工歯根と人工の歯がしっかりと結合するため、
ぐらつきがなくしっかり噛むことができ、固い物でも大丈夫です。

 

見た目は本物の歯と変わりませんので、
自分の歯とまったく同じで見劣りがしません。
また、他の丈夫な歯を削らずに済むので、歯の寿命に影響を与えません。

 

インプラント治療の成功率としては、
色々な条件にもよりますが、他の治療よりも優れているといえます。

 

インプラント治療のデメリットとしては、
保険適用外であるため、費用負担が大きくなります。
手術の難易度によっても費用はかなり変わってきます。

 

また、外科手術になるため、身体に疾患があるときは治療ができません。
また、治療期間が長く、3ヶ月から1年くらい掛かることがあります。
治療後の自己管理等がしっかり出来ない人には向かない治療だと言えます。

 

また、タバコを吸われる方は、血液の流れが良くないため
歯周病になり易く成功率が悪くなります。
そのため、喫煙は控えなければなりません。

 

インプラントの周りには、他の歯と同じように細菌があり歯肉炎になる恐れがあります。
これが進行すると、抜け落ちてしまいますので、
いつも清潔に歯磨きはこまめに丁寧に行うことが大事です。

 

安心してインプラント治療をうけるなら新百合ヶ丘のC&Cデンタルオフィスがおすすめです。