インプラント治療の詳細

インプラント治療の詳細

インプラントとは人工の歯を埋め込む治療法のことですが、
その治療について詳しくみてみましょう。

 

インプラントは通常2回にわたって手術が行われます。
人工の歯を埋め込むのですが、
最初の手術にてその土台となる歯根を埋め込むのです。

 

しっかりと歯根を定着させるためには
歯茎を切開してあごの骨を削ってから、
その中に土台を埋め込みます。
やり方を聞くとかなり大がかりな手術に感じますが、
局所麻酔のみでも痛みを感じることはありません。

 

なぜすぐに人工の歯を入れないのかというと、
骨と歯根を定着させるためです。
時間の経過とともにインプラントの歯根と骨が結合してきて
土台が固まってきます。
この状態になるまでは人工歯を取り付けることはありません。

 

歯の土台が出来上がるまでは個人差があります。
土台が出来上がってから
今度は人工歯をとの接着部分を取り付ける二次手術に入ります。

 

二次手術では埋め込んだ歯根の表面が見えるほどに切開を入れて、
その部分にアパットメントと呼ばれる歯として機能する部分と連結するパーツを装着します。
手術は二回に分けて行うのが一般的ですが、一回だけ行う方法も出てきています。

 

手術後に歯茎の回復具合を見計らって、
歯の型を取り周囲の歯並びと合わせた人工の歯を作ります。
その歯が完成したら二次手術で取り付けたアパットメントに人工の歯を取り付けて、
インプラント治療が終了します。

 

この治療期間ですが、その人の歯と歯茎の状態、
インプラント治療を受ける歯の本数、
土台が骨と定着する期間が影響してきます。
最低でも6ヶ月程度はかかると思っておいた方がいいでしょう。
インプラントのことならこちらに相談!http://www.warabi-sakuradental.net/