インプラントの周囲炎について

インプラントの周囲炎について

インプラントは、人工歯なので、もう虫歯になる事もないし、歯周病の心配もない。
そんなふうに考えている人もいるかもしれません。
確かに、インプラントは、セラミックという素材で作られているため、虫歯になる事はありません。
ですが、インプラントでも歯周病になる可能性はあります。
インプラントの歯周病は、周囲炎と呼ばれますが、なんで人工歯が歯周病になるの?と思うかもしれません。
それは、人工歯でも、それを埋め込んでいる歯茎は人工物ではなく、その人自身の身体だからです。

 

そのため、歯周病と同じ原理で、インプラントの根元にプラークが溜まると、インプラントを支えている周りの骨が溶けてしまいます。
土台が溶けてしまったら、いくらインプラントだって埋込の支えを失うわけですから、ぐらついて抜けてしまうという訳です。

 

さらに自分の歯よりも、インプラントの方が歯周病になりやすいと言われています。
その理由は、自分の歯であれば、歯根膜があり、血液から栄養をもらっているので、抵抗力があります。
対してインプラントは歯根膜がない状態なので、抵抗力が弱く、歯周病菌が感染しやすいのです。

 

そして人工歯で神経がないために、痛みに対して鈍感です。
そのため、なかなか歯周病になっているという自覚症状がなく、発覚が遅れてしまいます。

 

ではどうすれば、インプラント周囲炎を防ぐ事が出来るのでしょうか?
しっかり歯磨きをして、口の中にプラークを溜めこまない事も重要ですが、1番重要な事はメンテナンスです。
インプラントは治療が完了しても終わりではなく、アフターケアが大事だと言われるのはこのためです。

 

ゆい矯正歯科 http://yui-oc.com/