インプラントのメンテナンスが必要な理由

インプラントのメンテナンスが必要な理由

インプラントとは、失った歯の代わりに埋め込む人工歯の事です。
インプラント治療をする事で、自分の歯のように違和感なく噛む事が出来るようになります。
非常にメリットの多いインプラント治療ですが、治療が完了すれば、自分の歯と同じように扱えばいいという訳ではありません。
インプラントは人工歯根部と支台部の接合部分など、しっかりメンテナンスをしておかないと、炎症を起こしてしまいます。
他にもインプラント歯周炎などの症状も引き起こす可能性があります。

 

もし自分の歯が炎症や歯周病になっていたら、違和感や痛みで比較的早い段階で気づく事が可能です。
ですが、インプラントはどれだけ、自然で自分の歯のように見えたとしても、神経が通っているわけではありません。
そのため、炎症い歯周病に気づけずに、発見が遅れてしまいます。

 

自覚症状がないからこそ、定期的にメンテナンスを行い、インプラントに異常がないかチェックしてもらう事が大切なのです。

 

また日常生活の中でブラッシングをしていても、それだけではインプラントは綺麗に汚れが落ちていません。
インプラントのプラークを落とすためには、歯科医院で専用のクリーニング・PMTCを行う必要があります。
他にも咬み合わせが悪かったり、歯ぎしりをするクセなどがあれば、インプラントは通常よりも早く劣化してしまいます。
なので、メンテナンスでは、咬み合わせのチェックなども行われます。

 

定期的にインプラントのメンテナンスをするのは、面倒だ。
そんなふうに思う人もいるかもしれません。
ですが、メンテナンスをしている場合と、していない場合とでは、インプラントの耐久性が全然違ってきます。
メンテナンスを一切せずに、短期間で再びインプラントの治療をする方がよほど時間もお金もかかってしまいます。

 

インプラントや矯正治療を検討されているのであれば、八王子のオハナ矯正歯科クリニックに相談してみましょう。