インプラントで顎関節症を改善

インプラントで顎関節症を改善

顎関節症は顎の骨の不調による様々な症状のことをいいます。
皆さんの中にも、以下のような症状に悩まされているという人はいるかもしれません。
大きく口を開けた際に、痛みやパキっという音が鳴ってしまう、正しく噛み合わせをしたつもりでも、
鏡で確認するとずれてしまっている、肩こりや偏頭痛が激しいなどがわかりやすい症例です。
こうした顎関節症のお悩みを解消するアプローチとしては、歯列矯正という手段が存在します。
歯並びを改善することで、噛むという動作を日常的に繰り返し、顎の関節が生み出す不調を整えていこうというものです。
そんな顎関節症の治療として、インプラントが用いられることもあるのです。

 

具体的にどのような方法で行うのかというと、まずは皆さんの歯並びをチェックします。
歯並びが悪い原因としては、歯の形が一定でないことや歯の生え方が不均一であることが挙げられます。
そこで活躍するのがインプラントです。

 

歯並びを悪化させている歯の一部を削るなどしたうえで、適切な噛み合わせになるようにインプラントを埋め込むのです。
歯並びは歯が一本抜ける、もしくは加わるだけで劇的に変化します。
事故やケガなどで歯を失ってしまった結果、噛み合わせが以前と違うものになることもしばしばです。
それが原因で顎の骨が変形し、顎関節症に繋がることもあります。
インプラントは義歯として噛む動作をサポートするだけでなく、正しい噛み合わせを補助するための機能も備えることも期待されているのです。
ただし、全ての顎関節症治療にインプラントが導入されるわけではありません。
歯科医院で歯科医師の診断を受けた後に、治療の方針を決めることになります。

 

インプラント治療の相談ならさとり歯科医院http://satori-dental.com/

関連ページ

インプラントの周囲炎について
インプラントの周囲炎について
インプラントのスプリッティング法について
インプラントのスプリッティング法について
インプラント治療の歯科医院を選ぶ
インプラント治療の歯科医院を選ぶ
インプラントのメンテナンスの頻度の費用
インプラントのメンテナンスの頻度の費用
入れ歯としてのインプラント
入れ歯としてのインプラント