インプラント治療とは

インプラントとは

歯科医院でインプラント治療の看板を掲げるところを良く見かけますが、
インプラントとはどのような治療法のことを言うのでしょうか。

 

虫歯がかなり進行してしまうと
歯自体を失ってしまうと治療の施しようがなく
抜歯するしかないケースもあります。
また歯周病が進むことで抜歯することもありますし、
思わぬ事故により歯を失ってしまうことがあります。

 

しかしながら歯を失ってしまうと日常生活で不便が生じてきますし、
歯や歯茎は隣同士が支え合っているため、
一部が失われることで歯並びに影響が出てくるのです。
そこで何かしらの形で失われた部分を補う治療が必要になります。

 

その治療法の一つがインプラントです。
インプラント治療では
チタン製のインプラントと呼ばれる物を埋め入れることにより、
見た目から機能まで本物の歯と変わりなく使用できるのです。

 

インプラント治療のお蔭で失われた歯の機能をそのまま維持できすし、
一見しただけでは歯を失ったことや補った形跡もわかりません。
そして何よりも歯が失われたことによる
他の歯や歯茎への影響を避けることが可能です。

 

インプラント治療ではチタン製の人工の歯を埋め込むのですが、
それは虫歯の時に使用される詰め物のように
金属アレルギーを起こしにくいので体に優しく、
強度にも優れているので歯の代わりとして使用する素材に最適なのです。

 

インプラント治療を受けるためには専門医を受診しなくてはいけません。
また費用も健康保険が適用されないので、全額自己負担になります。

入れ歯、ブリッジ、差し歯の治療法

失われた歯を補う治療法としては他に
ブリッジや入れ歯、差し歯があります。
さまざまな治療法とインプラント治療を比較してみましょう。

 

高齢者の方が入れ歯を出し入れしているのを見たことがありませんか?
入れ歯はその人の歯の型をとって
金具を用いて抜けている部分に装着させて使用します。

 

型を取るだけなので治療にも時間がかかりませんが、
どうしても歯茎と入れ歯の間に隙間ができてしまうため、
そこに食べ物のカスが詰まりやすくなります。
そして入れ歯をつけているという違和感は常にあります。

 

入れ歯の装着後は外して専用の液に入れてお手入れします。
それを毎日行わなくてはけないので面倒ですし、
専用の液を購入するコストはかかります。

 

ブリッジは残っている歯を支えにして、人工の歯を支える治療法のことです。
ブリッジ治療を受けるためには支えとなる周囲の歯を削る必要が出てきます。

 

虫歯でもない歯を削ることは歯の健康を損なうことにつながりますし、
さらに人工歯を支えるために相当な圧力がかかってしまうので
残っている歯にも大きな負担がかかります。
ブリッジ治療を受けることで支えとなる
歯の将来的な残存率も大幅に低下するのです。

 

差し歯とは歯が失われている部分に人工の歯を差し込む治療法のことです。
ただし差し歯治療を行うためには歯の根っこが残っていることが大前提となります。
もしも抜歯により歯の根っこを抜いてしまったときは治療ができません。

 

インプラント以外にも歯を補う治療法がいくつかありますが、
インプラントと比較してみるとデメリットが多いのです。
 

更新履歴